製造業で働く為に必要な資格とは?

これでバッチリ?製造業で働く為に必要なスキル・資格を公開

>

製造業が注目を浴びているワケは?

様々な分野で活躍出来るアーク溶接!

アーク溶接資格は、溶接を行う資格の一つです。電気を使って金属同士をくっつける作業を指し、工場などの製造業はもちろんですが建築現場や車の製造、造船にも使われている幅広い資格です。この資格は一度身に付けると一生涯使えるのでとても人気があります。
需要の多いアーク溶接ですが、特別教育資格なので実技は不要で特別教育講習するだけで良いので、それも人気の一つです。
講習は講師がテキストを配り読み合わせを行います。18歳以上であれば誰でも受講出来るので工業高校にいる学生は、在学中に資格取得を行う方もいる様です。
金属を扱う業種は数多くありますし、今後無くなるのも考えにくいので製造業へ進むステップとして、おすすめの資格です。

フォークリフトやクレーン免許

フォークリフトやクレーンの運転資格と聞くとかなり難易度が高いイメージがあります。しかしある程度制限はありますが、特別教育で資格取得が可能です。フォークリフト特別教育終了者は最大荷重が1トン未満のフォークリフトを扱う場合に、この資格が必要です。
アーク溶接と同じく実技は不要ですが、資格が無いとフォークリフトを動かすのは法律で禁止されています。
続いてはクレーン運転士免許ですが、これもフォークリフト同様制限があり5t未満限定です。かなり小さなクレーンですが、クレーンを運転出来るので無資格者と差がつきますしアーク溶接やフォークリフト特別教育終了者に比べて合格率が高いので、とりあえず資格取得欄を埋めたいと言う方にもおすすめの資格です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる