製造業で働く為に必要な資格とは?

これでバッチリ?製造業で働く為に必要なスキル・資格を公開

>

技能講習で頼れる人材に

より専門的な資格が欲しい方へ

アーク溶接は電気を使って金属を溶接する資格ですが、同じ様な資格でガス溶接・銀ろう付けというものがあります。
ガス溶接はアセチレンと言う成分と酸素を混合させて鉄同士をくっつける溶接方法です。アーク溶接よりも難易度が高く、講習以外にも実技が必須です。銀ろう付けも同じく溶接関連の資格でロウと言う金属を溶かして溶接を行います。この作業はガスバーナーとトーチと言う機材を使い行い、繊細な作業が多いのが特徴です。
どちらも溶接関連の資格ですが、様々な場所で活躍出来る資格なので持っていて損する事はありません。これらは実技が必要なので、取得までに時間がかかりますが手当てがつく事が多く、管理者として多くの作業を任されやすく無ります。

フォークリフト・クレーンのプロ

特別教育の資格でも紹介したフォークリフト・クレーンの資格ですが、実技を含めるとワンランクアップした資格になります。
フォークリフト運転技能者終了者、クレーン運転士免許どちらも最大荷重に制限が無いので多くの現場で活躍出来ます。もちろん製造業で取得していると、より専門性の高い手業を任せられるのでやりがいを感じやすいです。
そしてもう一つおすすめの資格が玉掛け技能者です。クレーンのフックを取り扱う資格で、この資格が無いと仕事が出来なくなるケースもある程重要な資格です。但しこの資格はフックを取り扱っているだけでクレーンの運転は出来ません。その為この資格を取得する時はクレーン運転士免許も合わせて取得するのがベストです。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる