製造業で働く為に必要な資格とは?

これでバッチリ?製造業で働く為に必要なスキル・資格を公開

>

難易度高め?国家資格取得を目指す

難易度の高い国家資格と言えば?

国家資格になると他の資格よりも群を抜いて難易度が高くなります。しかしそれに合わせて勤め先から出る手当てや、別に賃金がプラスされるケースが多いのも魅力的です。
危険物取扱者は難易度、知名度ともに高く自分が危険物を取り扱い出来るだけでは無く、危険物を取り扱う場所に立ち会う事が出来る資格です。
ちなみに危険物取扱者の資格は3つに分類されていて。乙種第1類~乙種第3類があり最高ランクは甲種と呼ばれています。この甲種は取得者が少ないので製造業だけでは無く、多くの企業からひっぱりだこです。
乙種を取得している方の多くは3類を取得しているので、国家資格を取得したいと考える方は乙種第3類危険物取扱者から狙ってみるのも良いです。

衛生管理者ってどんな資格?

危険物取扱者資格と同じくらい知名度のある衛生管理者資格ですが、どんな事が出来る資格でしょうか?この資格は働いている従業員の健康障害や、労働災害に合わない為に管理をする為の資格です。
これまでの資格の様に表立って何かをする訳では無いですが、私達が安全に作業出来る様に支えてくれる縁の下の力持ちです。一定の規模を誇る工場・職場では衛生管理者の資格取得者が在籍する必要があり、この資格を持っているだけで存在価値が高くなります。
電気工事士は専門的な知識が必要な資格で、この資格が無いと電気系統の施行は出来ません。自分でエアコンの修理や取り付けも、電気系統の故障やトラブルにも対応出来るので日常生活でも役立つ資格です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる